About the pain
of
beauty acupuncture

About the pain
of
beauty acupuncture

美容鍼の痛みについて
  • 痛みの感じ方は人それぞれ違います。鍼を痛いと思う方もいらっしゃいますが、刺したのも感じないとおっしゃる方もいます。そもそも鍼施術で感じる痛みは2通りあり、一つ目は、鍼を皮膚に刺したときにおこる鋭利な痛みで、「切皮痛」呼ばれます。二つ目は、鍼を打ったときに感じることのできる独特な鈍い感覚、「ひびき」です。
    切皮痛は、皮膚に細かく存在する痛点(侵害受容器)に鍼が当たることにより感じます。そのため、熟練した施術者でも切皮痛を無しにすることは難しいです。ですが、鍼の太さや、打ち方を変えることにより、痛みや不快感を最小限に抑えることができます。

  • ひびきに関しては、本場中国の鍼施術の場合、意図的にこのひびきを発生させることが多く、この有無が治療効果に関係しているといわれています。ひびきは、ズーンとした重い感覚のある刺激で、ポリモーダル受容器を刺激させると感じるものです。人によって、このひびきが好きという方もいて、これがないと鍼治療を受けた気がしないとおっしゃる方もいます。反対に、ひびきが合わない方も多いです。その場合は、担当の鍼灸師さんに相談してみるといいと思います。熟練した鍼灸師さんであれば、ある程度加減して施術してくださるはずです。
    なぜ、この二つの痛みの違いがあるのかというと、痛みが脳に届くまでの伝導路の違いがあるからです。皮膚で受けた切皮痛の鋭利な刺激は、身体にとって不快であることが多く、この痛みを脳に早く伝える必要があるため、早く脳に届くように作られています。反対に、ひびきなどの鈍痛は、自律神経や免疫系などを調節する機能があるといわれていて、ゆっくり脳に届くといわれています。