Points to note
when
receiving
a beauty needle

Points to note
when
receiving
a beauty needle

美容鍼を受けるときの注意点
  • 施術前は、なるべく軽食をとってからの方がよいとされています。極度の空腹時に鍼施術をすると脳にエネルギーがいきわたりにくくなり、めまいなどの症状を呈することがあります。反対に、満腹時の場合は、体質が変わってしまい、適切な診断と治療ができなくなってしまう可能性があります。さらに、施術前は、飲酒も控えてください。血流がよくなりすぎるため、気分が悪くなることがあります。

    施術中は、体動がおこると鍼が奥まで刺さってしまったり、途中で曲がったりするおそれがあります。鍼が刺さっている間は、基本的には動かないようにしてください。そのため、お手洗いは、施術前に済ませておくことをお勧めします。施術の刺激の強さによっては、冷や汗、吐き気、めまいなどの自律神経症状を呈することがあります。これらは迷走神経反射とよばれ、しばらく横になっていると症状が治まりますのでご安心ください。
    施術後の注意点としては、まれに内出血が起こることがあります。内出血は、2~3週間ほどで完全に消失しますので、ご安心ください、もし、写真撮影やブライダルなどのご予定があり、内出血痕を残したくない場合は鍼施術を受診しない方がよいです。